Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horaiinformation.blog10.fc2.com/tb.php/71-d7fe6c93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

仕事の必須能力★『効果的なOJTの実施方法」』(1)

後輩、部下を導く働きかけすべてがOJT.

しかし、計画的であることが必要。


OJTを知っている人でも、実際にそれをきちんと実行できているかとなると、心もとない人が多い。


また、上司側と部下側との間でその認識が大きく分かれるという点も指摘できます。

さらには、OJTは、新入社員を迎え入れた1ヵ年の教育だけのことと認識している人も少なくありません。

また、何か特別な機会、場を設けてやるのがOJTだと決めこんで、そういうOJTは行っていないと考え込んでいる人もいます。




●OJTの目的(ねらい)は?

・主に仕事を通じて、その仕事の先輩が、後輩を

・計画的(指導内容、指導期間、達成レベルを設けて)に

・意図的(目的的接触、変容を促す働きかけ)に

・能力の伸長をはからせ、全人的成長を促す諸々の活動

・・・・・・がOJTということになります。




従って、日常の仕事を通して、そこに計画的、意図的アプローチが見られれば、それは立派なOJTです。

逆に、以上のことがないのは、OJTとしては十分ではありません。


部下を伸ばす、成長させるといった計画的、意図的な部分をもっと増幅させることで、仕事を軸とした諸々の活動に変化を余儀なくさせる、その変化促進がOJTなのです。





●意識改革とマインドの養成

まず、リーダーの意識変革が必要です。

部下を育てるのが仕事であり、責務であること。

部下との接触には必ず、計画的、意図的な内容を含ませること。

そして絶えず、部下の能力伸長、全人的成長を促す役割を担っている、という意識が必要です。


仕事を通しての部下との関係に、導き、育てる目と心を付加する、それが求められるOJTの心髄だということです。

OJTは、リーダーにとって大きな仕事、責務です。




■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horaiinformation.blog10.fc2.com/tb.php/71-d7fe6c93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カスタム検索

カスタム検索

おすすめ情報





ブログランキング

ブログランキング

プロフィール

情報家のホーライ

Author:情報家のホーライ
仕事のコツ、仕事能力の向上ブログにようこそ!

携帯版へのおすすめ

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ご訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。