Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horaiinformation.blog10.fc2.com/tb.php/44-41e60b33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミュニケーションの基本●アイコンタクトを利用する

2.アイコンタクトを利用する

相手が話し始めたら必ずアイコンタクトをしましょう。声をかけられた瞬間、目を合わせます。

出勤してきた部下「おはようございます」
上司(パソコンに向いたまま「おはよう」

これは寂しいものです。

アイコンタクトには人をひきつける力があるのです。



相手が説明をしているとき、あちらこちら目をキョロキョロさせて聞いているのは落ち着きない姿で、嫌われます。

「ちょっと、ちゃんと聞いているの?」

「聞いていますよ、どうしたんですか?」

先輩や上司とこんなやりとりをしたことのある人は要注意です。

大事な話のところでは、しっかりと目をみましょう。




3.声のトーンをどうするか

あいづちや質問は、いきいきした声でするのと、気のない声でするのとでは、印象がまったく違います。
短い言葉である分、はっきりとことらの心理を映し出してしまうからです。


明るい、快活なハキハキした声はよいイメージを与えます。
話し手から見ると「私の話に乗って聞いてくれている」と映ります。


嫌いな人や、苦手な相手、都合の悪い話を聞くとき、私たちはこうはいかなくなります。
気をつけましょう。


また、淡々とした話し方では印象に残りません。


低い声で、気のない声、ボソボソと活気の無い声でのあいづちは、聞く気のなさを相手に伝えるようなものです。
低い人の声でも、自分の声を意識して輝きを持たせるようにすれば、よい声として相手に響くものです。
ちょっと下腹に力を入れて、温かみのある声を出しましょう。


高い声はびっくりしたり、興奮したときなど、思わずかん高い声になるものです。
これは低い声の人でも同じです。


話し手に刺激を与え、その部分をもっと話してほしいというようなとき、高めのあいづちは効果的です。
地声が高いひとは、落ち着いた温かみのある声が出せるように、練習しておくとよいでしょう。


聞き手が落ち着いていると、話しても落ち着くものです。



■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horaiinformation.blog10.fc2.com/tb.php/44-41e60b33

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カスタム検索

カスタム検索

おすすめ情報





ブログランキング

ブログランキング

プロフィール

情報家のホーライ

Author:情報家のホーライ
仕事のコツ、仕事能力の向上ブログにようこそ!

携帯版へのおすすめ

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ご訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。