Entries

スポンサーサイト

ついつい大事なことを先延ばしにしてしまうあなたに

■■■ 【7.不安を受け入れると、先に進める】 ■■■「とにかくやってみよう。」自分で気楽にできる範囲を超える作業や活動を前にすると人間は不安になります。そんな時に、ためらいや障害を感じたら、それを素直に認めましょう。びくびくしているとか、目がまわりそうだとか、心配で胃が痛むとか、震えが止まらない、とか。自分の気持ちを正直に認めたうえで、あえて行動に出るようにしましょう。どんどん大きくなる恐怖心を否定し...

ついつい大事なことを先延ばしにしてしまうあなたに

■■■ 【3.やりがいをみつける】 ■■■スポーツでも音楽でも、芸術でも、仕事でも、やりたくない作業は、時間をおいたからと言って、やりたくなることは、まず、ありません。掃除など、サボって伸ばすと、さらにもっと手間がかかる場合もあります。ですから、どうせやらなければならないなら、さっさと片付けてしまったほうが得なのです。伸ばしたところで、いいことなんてまずありません。仕事に意義を見出せないなら、仕事自体よ...

セルフコーチングで能力を開発しよう(14)

5.Operation 行動に移すこれまでのセルフコーチングのステップを通じて、志を立て、成功のイメージを描き、強みを発見して、計画を立ててきたわけですが、ここで、満足感を味わいすぎては何も変わりません。最初の一歩を踏み出すこと。これが、セルフコーチングの中ではまさに重要な「ステップ」なのです。● 「つい」を追放する今度時間ができたら旅行に行こうと思いながらも、時間がとれず、予定だけで終わってしまったという...

有能なマネジャーとは?(その4)

ホーライ「有能なマネジャーは、どんなことをやっているか?」デーモン部長「ここまでをまとめると、こんなところかな。」(1)自分の目標について同意(納得)し、承知するよう部下を指導する。(2)良い行動とはどういうものかを考えさせる(3)今週の目標をメールで送らせる(4)自分で進捗具合をチェックするよう部下に指導する(5)自分の行動が目標と合致しているかどうかを部下に調べさせる。ホーライ「他には、どんな...

仕事の基礎★ファシリテーションとは?★これからのリーダーのありかた

次に従来型のマネジメントと対比してみましょう。今までのマネジメントのやり方は、ピラミッド(ヒエラルキー)型の構造を前提に、組織活動を意思決定の連鎖ととらえて考え出されてきました。組織の機能や目標をブレイクダウンして個人に落とし込む、あるいは個人の特性や能力を組み合わせて組織をつくりあげる、構造的な考え方が根本にあります。それに対してファシリテーションは、組織活動を人と人との相互関係の集まりと考え、...

Appendix

カスタム検索

カスタム検索

おすすめ情報





ブログランキング

ブログランキング

プロフィール

情報家のホーライ

Author:情報家のホーライ
仕事のコツ、仕事能力の向上ブログにようこそ!

携帯版へのおすすめ

i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile

ご訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。